Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

SAOアリシゼーションのネタバレ!アリスがロボット化して現実世界へ【UW大戦編】

SAO アンダーワールド大戦編

この記事では、原作小説を元にアニメ「ソードアート・オンライン」3期(アリシゼーション)のアンダーワールド大戦編についてまとめています。
 
ネタバレが多く含まれているので、ネタバレNGな方はご注意ください。
 

ノマ

今回はSAOアリシゼーション編の後半、アンダーワールド大戦編を紹介するよ。

ノラ

人界編の続きからだな。

ノマ

原作小説だと15~18巻の内容で、アドミニストレータを倒した後の話だよ。
 
前回までの内容を知りたい時は、下記の記事を読んでね。

SAOアリシゼーション編のネタバレ!結末でユージオ死亡ってマジ?

ノラ

たしかラストで現実世界の菊岡と連絡が取れたけど、ほとんど会話ができないまま通信が途切れたんだったな。

ノマ

襲撃を受けてたからね。そのときにキリトのフラクトライトがダメージを受けたんだ。
 
それでUW大戦編では、キリトが植物人間みたいな状態から始まるんだけど…。

ノラ

じゃあキリトの出番はないのか?

ノマ

だいぶ後の方だね。それまではアリスや整合騎士たちがメインになるかな。

ノラ

前回 敵だった奴が、今回は味方なわけか。

ノマ

じゃあここから「SAOアリシゼーション(UW大戦編)」を紹介していくね。

※ネタバレ注意

15巻:アリシゼーション・インベーディング

 
人界暦380年10月
 
アドミニストレータとの激闘から半年後。
 
アリスは車椅子に乗るキリトと、ルーリッドの村に身を寄せていた。


 
整合騎士としての役目である【人界の守護】をベルクーリに託したアリスは、心を失ってしまったキリトと静かに暮らすことを選んだのだ。
 

ノラ

アリスは『ルーリッドの村』に帰れたんだな。もしかしてセルカのいる教会にいるのか?

ノマ

実は、村長(アリスの父)に「この村に罪人は置くことはできぬ」って言われて、村から離れた森に住んでるんだ。

ノラ

ひでぇな。

ノマ

でも村人たちの仕事を手伝うことで、アリスはお金を稼いで生活してたみたい。
 
ちなみに、セルカ達には禁忌目録を犯した罪に対する罰として、過去の記憶は全て失ったと説明してるよ。
 
 
ある日の夜、アリスのもとにエルドリエ・シンセシス・サーティワンが訪れる。
 
彼は果ての山脈近くで闇の軍勢に動きがあったという情報を聞き、北の洞窟まで確認に来たという。
 
その帰りに偶然、滝刳がアリスの飛竜を発見して降り立ったらしい。

補足
滝刳(たきぐり):エルドリエが乗る飛竜。アリスの飛竜:雨縁(あまより)の兄竜。

エルドリエは、アリスに(騎士団に)戻ってくるように説得するが、彼女はできないという。
 
その理由を騎士はキリトのせいだと非難するが…
 
 
「…ごめんなさい、エルドリエ。キリトの状況とは関係ない…私の剣力は失ってしまった、ただそれだけなのです」
 
「…そうですか。では、もう何も言うますまい…」
 
 
そう言って、騎士は去っていった。
 
エルドリエが去った後、キリトをベットに寝かせて呟くアリス。
 
 
「教えて、キリト…。どうすればいいの…。私は…どうすれば…」
 
 

ノラ

なんでアリスは騎士団に戻らなかったんだ?

ノマ

実は、ベルクーリ以外は整合騎士誕生の真実を知らないんだ。
 
だからエルドリエは公理教会を信じられてるから戦えるけど、アリスは神や神界の存在が嘘だと知ってしまったよね。
 
それでかつてのように「公理教会の権威を守る」っていう、戦う理由を失ったから迷ってるんじゃないかな。

ノラ

ふ~ん、なるほどな。

戦う理由

ある日の夜、ダークテリトリーの軍勢がルーリッドの村を襲う。
 
異変に気づいたアリスはすぐに助けに行こうとするが、途中で立ちすくんでしまう。
 
 
(家族だけならともかく、公理教会への信仰心を失った自分に、村人全員を救えるだけの力があるのか…)
 
 
そう迷う彼女の前で、意識を失っているはずのキリトが剣に手を伸ばす姿を見て、アリスは決意を固める。
 
 
 
 
飛竜に乗って村に到着すると、村人全員が逃げずに教会前の広場に集まっていた。
 
それは「守りを固めろ」という衛士長ジンクの指示だったが、アリスは自ら整合騎士であることを明かすことで、村人達に避難することを優先させた。
 
 
そして村人達が退避していると、ジンクがゴブリンの集団から逃げ帰ってきた。
 
すると、アリスは村人達から充分に距離があることを確認し、声高らかに愛竜の名を呼ぶ。
 
 
「雨縁! 焼き払え!!」

雨縁(あまより)の凄まじい火炎は、ゴブリンの集団を瞬時に燃え尽くした。
 
すると、炎に焼かれた者とは別部族がアリスを囲む。
 
さすがの整合騎士でも、四方から攻撃されれば軽傷では済まない。
 
しかし、彼女は戦っている間に自らが戦う理由を見出す。
 
 
(これから私は、私自身が求めるもののために戦う。妹を守り、父母を守り、そしてキリトとユージオが守ろうとした人界の人々を守るために戦う)
 
 
右眼を覆った黒い包帯を外すと、アリスは百匹近いゴブリンやオークたちを前に叫ぶ。
 
 
「我、人界の騎士アリス! 私がここにいる限り、お前たちが求める血と殺戮は、決して得られない! いますぐに洞窟を通ってお前たちの国に帰るがいい!!」
 
 
その後、アリスが完全武装支配術で「足刈(あしがり)のモリッカ」という大将格のオークを撃破すると、残りのゴブリンたちは一斉に逃げ出したのだった。
 
 
 
 
襲撃の夜から1週間後―。
 
アリスは亡くなった村人たちの葬儀に参列し、襲撃者が通った洞窟を封印した後、キリトを連れてルーリッドの村を後にした。

オーシャン・タートル襲撃

随時更新します。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です